今こそブルーベリー

愛知県という温暖な地域で試行錯誤しつつブルーベリー栽培を楽しむ

今年はいちごもやってみる 恋みのり・よつぼし

いちごは毎年ジャムを何瓶か作る程度は育ててるんですが、今年は大型の冷凍庫を導入したこともあって冷凍保存用に多く育てることにしました。

元々自宅の庭に最初から生えていたいちごもあるんですが、品種不明でサイズも小さめなので新たに2品種を入手。

 

1つ目はよつぼし。

2014年に登場した、日本初の種子から育てる実用F1品種のいちご。

いちごは通常ランナーで増やすクローンが一般的なんですが、増殖が簡単な反面親株の病気をそのまま受け継いだり、増殖効率が悪かったりと問題も抱えていました。

そこで求められたのが、親株に頼らないいちごの増殖。

長年の育種の結果誕生したのがこのよつぼし!

↓でよつぼしの詳しいことがわかります。

seedstrawberry.com

ただし、F1品種なのでよつぼしの種子を蒔いても同じものは出来ないので注意。自分で種まきから始めたい場合は種子を入手する必要があります。

今回は苗を3つ購入しました。

自分の地域での育てやすさ、味、大きさの確認も兼ねてお試しって感じですね。

良い感じだったら種を入手して挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

つづいて恋みのり。

2020年に品種登録されたばかりの新しい品種で、出回り始めたのも2018年頃からなのでまだまだこれからの新しいいちごです。

こちらは40ほど苗を入手しました。

恋みのりはまだ栽培している地域が少なく、僕も実際に食べたことはありません。

調べてみると実は硬めで輸送性に優れ、大玉率が高いとか。

甘みはちょうどよく、食味と香りに秀でていらしいです。

大玉…なんともいい響き…。

大きさ=美味しさでは無いですが、やっぱりブルーベリーにしろいちごにしろ大玉と言うのはそれだけで魅力的です。自宅で自生しているいちごが小粒なので正直かなり期待してたり…。

 

恋みのりの挿し苗。

少々小さめですが、クラウンの太さは悪くないですね。

クラウンが貧弱だとその後の成長も良くないので、できるだけ良い苗を選ぶことをおすすめします。稀にハズレ苗も売られているので、少数育てる場合はじっくり選んだほうが良いかも。

 

取り敢えずプランター9個に植えてみました。自宅に自生していたものを掘り上げして植え替えたものを含めて12個のプランターでいちごを育てていきます。

収穫だけでなく、見て楽しむことが出来るプランターはいちご栽培におすすめ。

大体いちご1苗につき土4リットルと考えてプランターやポットを選べば生育が良いと思います。いちごはかなり根張りが良いので、少量の土で密植すると成長と収穫量両方が悪くなるので注意。

 

残りの恋みのりとよつぼしは畑で育てていきます。

近所の人に聞いてみると、自宅のある周辺は宅地開発される以前は見渡す限り畑で、いちごの露地栽培が行われていたそうです。

つまり、いちごを育てる環境としては悪くないということ。

実際自分の住んでいる地域はいちご栽培が盛んで、ハウス栽培や露地栽培はもちろん、いちご専門の観光農園やスイーツ店がいくつもあるので栽培が盛んなのは納得。

今まで当たり前の光景すぎて何の疑問も持っていなかったんですが、いちごに囲まれて生活してたのをこの歳になって気が付きました。笑

 

植え付けは取り敢えず終了したので、一応作業は来年までありません。

やることと言えば、寒さに当てつつ水の管理をするぐらい。

来年どれだけ収穫できるか想像しつつ、楽しみにしておきます。

 

 

お題「わたしの癒やし」

 

 

大関で使われている用土

ちょっとだけ更新。

 

今年は新品種を1本だけ(Miss Jackie)入手したんですが、植え替え時に以前と用土が変わっていることに気が付きました。

まぁ何年か購入してなかったので、その間に変わったのかもしれません。

以前はココヤシ系の素材も使われていたんですが、今はそんな感じじゃなさそうですね。でも、以前より排水性は良さそう。

パーライト、川砂、ピートモス、あとは何だろ。(適当です)

詳しく調べて無いので配合内容はわからないですが、輸入費高騰も影響しているのかも?実際かなり値上がりしてますからね…。

特にココヤシ素材は結構値上がりしているので、前みたいに大量には使うのは厳しいかもしれません。

自分もコストを抑えて、入手しやすい素材に切り替える必要があるかもしれないです。

うみちかブルーベリー

うちは畑がいくつかあるんですが、その一つに海の浜辺から数百メートルという位置に畑があって、その隅っこに4本ほどラビットアイのブルーベリーを植えてます。

 

元々は父方の祖父が畑をやっていた場所で、体を壊し亡くなるまでの間10年以上放置されていたのでもはや畑とは言えない状態でした。

一応今は色々と栽培出来るまでになったんですが、畑の体をなすまで2年はかかりましたね。しかも、はるか昔は海だった場所なので少し深く掘ると泥岩や砂岩がゴロゴロしていて畑は常に石だらけ…。

しかも、場所ごとにphが安定しない!

足元が4.5だったと思えば2メートルほど離れた場所は6.3だったりと、PHの調整がし辛くて仕方がない畑です。

土壌の質は全体的に砂地で保水性や保肥性が悪く、微妙に傾斜になっているので水はけ場良すぎて夏はかなり辛い畑と言えます。

そんな場所に植えてしまったブルーベリー。

パウダーブルー

 

ブライトウェル

 

植え付けたのは2020年の初頭頃だったんですが、環境の悪さ+ど根性栽培状態だったのでその後1年半近く全く成長しませんでした。

もう酷いもんでしたよ…。

むしろ何で枯れないのか不思議だったぐらいで、21年なんて暑さと潮風のせいでほとんどの葉が秋前までに散っていたほどでした。

上記の写真はつい先日のものなんですが、葉の先が枯れ込んでますよね?それはこの夏ブルーベリー達が耐え抜いた証です。

まったく夏の日差しを遮る物がない畑でよく耐えて…。

とにかく酷い環境なんですが、21年の秋頃にちょっと成長を兆しを見せ始めて、今年はある程度枝葉を展開して少量の収穫もできました。

正直ラビットアイじゃなかったら間違いなく枯れてましたね。

ブルーベリーは果樹として強い方じゃないですが、その考えを改める必要があるかもしれないです。

 

 

水切れっちゃった…

やってしまったぜ。

 

ファーシングを水切れさせちゃいました。

夏が過ぎて完全に油断してました。

今年は雨が少ないですからねぇ…。

 

このザマですよ。

元々NPポット40サイズでも限界だったので、夏の水切れだったら完全にやばかったですね。

これは少し前の画像。

今現在は水切れから脱して、来年の花芽や葉芽も充実してきたので一安心。

涼しくなってきても夏以上に乾燥しがちなので、12月に入るまでは油断できないですね。

 

 

お題「わたしの宝物」

 

 

 

コガネムシとかいう鉢植え栽培の悪魔[グロ注意]

多分これまでの記録を大幅に更新しました。

正直ここまでの数は見たことないです。

 

被害樹は桃。

今年の春に栽培を始めた「さくひめ」です。

こんな哀れな姿に…。

ハァ~…キレソウ…

 

で、今回の主犯格はこいつら。

普段土いじりをしている人なら平気だとは思いますが、グロ注意。

 

 

信じられます???

30匹以上の数が小さな10号スリット鉢にいました。

 

これまで数百鉢以上ブルーベリー等の果樹や野菜を栽培してきましたが、正直この異常なまでの数は経験ないですね。

間違いなく過去最高の数だと思います。

 

今年やられた45L以上入るナーセリーポットのタイタンですらこの数はいませんでした。どう考えても偶然この数が発生したとは考えづらい。

明らかに好かれてますよね?さくひめ。

土の配合にしても、他の果樹でも使用している配合なので極端にコガネムシを誘引する素材は使用してないし、肥料だって基本IB化成なので虫を引き付けることは多くない。

にも関わらず、コガネムシに産卵されこの数の幼虫が発生したわけで。

というか複数のコガネムシ成虫に産卵されてる…?

わからん…。

 

正直結構凹んでいます。

夏バテで調子を崩し気味だったので半日陰に移動させたんですが、それがまずかったのかなぁ…。

でも、近くにある他の鉢物は被害出てないし…。

一応もう一本のさくひめは表層が硬く、しっかり根が張っているのを確認できているので今のところは大丈夫そうです。

が、この惨状を考えると入り込まれてるかなぁ…。

できれば根鉢を崩したくないので、今は様子見かな。

 

 

ラズベリーの株分け

大体今ぐらいの季節にラズベリーの株分けをしてます。

今回はトゥラミーンとファンタジーレッド(カスケードデライト)の株分けをしました。環境的に栽培地には向いていない地域に住んでいるので、万が一枯れたときのために株分けは必須です。

 

ファンタジーレッド2鉢、トゥラミーン4鉢。

とりあえずこれだけ。

 

ファンタジーレッドはどちらかというとサッカーの数が少なく、太くなる印象がありますね。基本的に丈夫ですが、ちょっと虫に好かれているような…。

 

逆にトゥラミーンは沢山サッカーやシュートが出ています。こっちはファンタジーレッドよりは虫に食べられていない感じ。丈夫さもこっちのほうが上かな。

 

日本の暑さにもそこそこ適応している2品種ですが、流石に愛知県は暑すぎる気がする…。栽培実績のある耐暑性の高いラズベリーと交配して、強い品種出来ないかなぁとか考え中。来年は人工交配に挑戦してみようかな。

 

そういえば、大関の新品種ですがミスジャッキーだけ注文しました。アリスメイも気になったけど、半直立ということで様子見。鉢植えの場合直立のほうが取り回しが良いのでジャッキーを取り敢えず1本だけ。

ラズベリーのコカニーに関しては今回は見送り。かなり購入側へ揺れてますが、露地栽培の場合どうなるかちょっと不安なので迷ってます。

それにちょっと高いし!

でも欲しいなぁ…。

 

 

お題「ささやかな幸せ」

 

台風の被害 軽微

ちょっと更新。

最初はどうなるかと気が気じゃなかった台風ですが、自分の住む地域は思ったほど被害は出ず一安心です。

伊勢湾台風クラスと言われれば、やっぱり身構えちゃいますよね😅

とはいえ、結構な数の鉢が倒れたり吹っ飛ばされました。

 


倒された一部。

 

60Lクラスでも普通に転倒するので、台風は侮れません。

自分の住んでいる場所は雨や台風が比較的少ない地域なので、結構油断しがちなんですよねぇ…。実際どれぐらい対策をとればいいかイマイチわからなくて、やってることといえば飛ばされないように鉢をかためて置いたり、風の影響の少なそうな場所に移動させるぐらいでしょうか。

ただ、もしも大きな台風が来て軽い鉢や農具が飛ばされて人にぶつかったり、物を傷つけたりするのがちょっと怖いですね。

台風も大型化してきていると聞くので、もう少し対策を考えてみようと思います。

 

そういえば、今年のコガネムシ被害第一号はナーセリーポットのタイタンでした。現在は根洗をし10号鉢で療養中。

 

 

悲しいなぁ…。

 

あ、今日から大関のオンラインショップ再開ですね。

すでに新品種は入荷待ち状態…。

はたして購入するチャンスは訪れるのか…?